気ままにアニメ

気になったアニメの感想や情報。気の向くまま気ままに発信。

2022年おすすめ春アニメはこれこれ!「阿波連さんははかれない」

<img src="sushi.jpg" alt="おすすめ春アニメ" />

どうも。ケーロックです。

春アニメも始まって、どれも面白そうだけど時間が足りなくて全部見れない。
そんな悩めるアナタに、春のおすすめアニメをご紹介したいと思います。

<img src="sushi.jpg" alt="阿波連さんははかれない" />

阿波連さんははかれない

あらすじ

小柄で物静かな女の子、阿波連(あはれん)れいなさん。人との距離をはかるのが少し苦手。
そんな彼女の隣の席に座るライドウくんは、阿波連さんとの間に距離を感じていた。
ある日、阿波連さんが落としてしまった消しゴムをライドウくんが拾ったことをキッカケに、ふたりの距離は急接近!?
「遠すぎたり」「近すぎたり」予測不能な阿波連さん。
色んな意味で、『はかれない』密着系?青春ラブコメディの幕が上がる!!

「阿波連さんははかれない」とは?

『阿波連さんははかれない』(あはれんさんははかれない)は、水あさとによる日本の漫画。ウェブコミック配信サイト『少年ジャンプ+』(集英社)2017年1月29日より隔週日曜更新で連載中。

原作者

水 あさと
(みず あさと、12月24日)は、日本の漫画家・イラストレーター。
沖縄県出身。
血液型はO型。
ミルメークオレンジ」と言うサークル名で同人活動もしている。
水あさとにとって9作目の連載作品であり、同人誌として発表していたオリジナル漫画作品『君との距離が測れない』を元としている。
「低燃費系女子『阿波連さん』」を描く日常コメディ。

アプリ上での主な読者層は10代から30代の男女で、2022年2月時点の総閲覧数は1億2000回、累計発行部数は110万部をそれぞれ突破している。

制作会社

制作会社は「FelixFilm
主にTVアニメ、劇場アニメ、遊技機等の映像を制作している会社。
作画部、3D部、制作部があり、古き良きアニメ会社の雰囲気を大切にしつつ、CGスタジオ独特の新鮮さを上手く融合させた作品制作を担うスタジオ。
直近の作品は「リーマンズクラブ」「ドライブナイン」などでCGディレクションを担当している。

CGに強い制作会社なんですね。意外。

総監督

総監督を務めるのは「山本靖貴
じゃんぐるじむに入社し動画を担当。
じゃんぐるじむを辞めた後はスタジオコメットに入社し、動画、原画に携わる。
おねがいマイメロディ』で演出助手。
そしてスタジオコメットを離れ、現在はフリーに。
トランス・アーツ制作の作品で絵コンテ・演出デビュー。
その後『ポルフィの長い旅』の助監督を経て、『戦場のヴァルキュリア』で加藤淳プロデューサーに選抜され監督デビューを飾る。

原画をやりながら独自の演出、作品全体のコントロールに目覚め、演出家に転向。
今回「阿波連さん」では総監督を務める。

期待の総監督。

登場人物

「阿波連さんははかれない」に登場する主要人物をご紹介。

阿波連 れいな(あはれん れいな)

<img src="sushi.jpg" alt="阿波連れいな" />
銀色のセミロングヘアーと小さな体が特徴的。
人との距離をはかるのが物理的にも心理的にも苦手。

タイトルの「はかれない」はこの事からきているんですねー。

どんな人なの阿波連さん

基本的に表情は乏しく、声も極めて小さい。声をかけても返事がなく無視をされていると勘違いしてしまいがちだが、実はちゃんと小声だが返事はしている。

よく見ると口がパクパクしています。

実は大食い阿波連さん

その見た目によらず、かなりの大食いで、体の大きいライドウくんよりもよく食べる。
弁当箱も大人サイズでしかも二段。
あの小さな体のどこに入っていくんでしょうかね?

運命の消しゴム

<img src="sushi.jpg" alt="運命の消しゴム" />
2人の距離が近くなったきっかけは、落とした消しゴムを拾ってくれたシーン。
この事がきっかけでライドウくんに好意を抱くようになる。
中学生時代にその距離感の無さから、同級生に不気味に思われてしまった事があり、それ以来高校に入ってからは、他人と関わるのをやめています。
しかし、そんな事は気にしないとライドウくんが応えてくれてからは、心を開き、よく連れ添うようになります。

実は器用な阿波連さん

性格は不器用だけど、手先は非常に器用で料理、ゲーム、ハンドスピナーなど実は何でもできる。
第一話では2人分のお弁当作ったり
UFOキャッチャーも上手でしたね。

どこからきたの阿波連さん

ちなみに苗字の「阿波連(あはれん)」は旧琉球である沖縄の姓。
渡嘉敷間切阿波連が起源(ルーツ)みたいですね。
全国の名字ランキングでは10,093位
全国におよそ720人くらいいます。

なんくるないさー。珍しい苗字ですね。

阿波連さんの中の人

阿波連さんの中の人は水瀬いのりさん <img src="sushi.jpg" alt="水瀬いのり" />
代表作品は「Re:ゼロから始める異世界生活」のレムや、「ご注文はうさぎですか?」香風智乃(チノ)などを演じています。

声質は「甘い声と心をギュッと掴むような優しくも力強い声、可愛い声から透き通った綺麗な声」と言われています。

ライドウ

<img src="sushi.jpg" alt="ライドウくん" />
阿波連さんとは対照的に大きな体。
中学時代に仏頂顔を怖がられ、まわりとうまく馴染めなかった過去を持つ。
高校で変わる事を決意し、そのための第一歩として隣の人に話しかける事に。
幸か不幸かその相手は阿波連さんだった。

妄想が止まらないライドウくん

<img src="sushi.jpg" alt="妄想ライドウ" />
妄想癖があり、阿波連さんのちょっとした言動から、突拍子のない明後日の方向へと、想像力を膨らませて誤解してしまう事もしばしば。
豊富な雑学知識を持っており、それが妄想をさらに広めてしまう事もあるが、その博識さが役立つ事もある。

ボクも中学生の時は妄想が止まらなかったデス。

寛容なライドウくん

<img src="sushi.jpg" alt="寛容なライドウくん" />
性格は非常に寛容で、阿波連さんが距離を縮めすぎて困惑はするも、大抵のことは動じず受け入れる。
基本的に物腰も柔らかい。

まさに仏の域。

動物が苦手なライドウくん

動物が苦手で動物カフェの犬や阿波連さんの連れている犬を「猛獣」と心の中で呼び恐れおののく。

不器用ライドウくん

手先は不器用というか、細かい事、いろんなことが苦手。
UFOキャッチャーも全財産を注ぎ込むも全く取れず。

ライドウは名前?苗字?

ライドウは名前ではなく苗字で「雷堂」と書く。
名前はまだ明かされてはいない。
ちなみに妹も登場するが妹も名前を明かされていない。

ライドウくん口癖

語尾に「じゃね?」が口癖。
高校生とか若い子が使う言葉だと思いがちですが、じつは北関東から入ってきた方言みたいです。
「ない」が「ね」に変わるのは西日本ではなく、関東ならではの使い方だそうです。
「行かない?」が「行かね?」みたいな?
「じゃない?」が「じゃね?」みたいな?

ライドウくんの中の人

ライドウくんの中の人は寺島拓篤さん
<img src="sushi.jpg" alt="寺島拓篤" />
代表作は「創聖のアクエリオン」のアポロや「うたの☆プリンスさまっ♪」の一十木音也などを演じています。
声質は「低音なのに若干ポップで可愛さがある、なかなか他にはない魅力的な声」といわれています。

見どころ

人との距離をはかるのが極端に苦手な女の子「阿波連さん」と、仏頂面で妄想癖がある男の子「ライドウくん」この2人を中心としたほのぼのとした学園生活と、ほんわかとしたラブコメディ。
2人の奇行によるちょっとシュールなギャグが展開。
2人はいつも一緒にいて恋人のように、腕を組んだり、一緒にご飯食べたり、カラオケやプリクラなどデートっぽい事をしたりしているのですが、この2人には恋愛という関係は存在しません。
そんな2人の織りなす展開はラブコメではなくコメディな展開になっています。
男女2人がメインにも関わらず、恋愛要素に発展しないところが逆に良いところかもしれません。
笑いと癒しがほしい方には是非おすすめの作品です。

オープニングテーマ

麻倉もも雨宮天夏川椎菜によるユニット「TrySail」が歌うオープニングテーマ「はなれない距離」

TrySailらしさ」前回のポップでキュートな楽曲。

エンディングテーマ

幅広いジャンルを歌い上げる「Hanon」と透き通る歌声の「Kotoha」からなるユニット「ハコニワリリィ」が歌う「キョリ感」

可愛いだけじゃなく胸もジーンと熱くなるようなこの作品の魅力を、より彩ることのできる楽曲となっています。

アニメを見るなら

良かったらポチっとな
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村